\即日借入おすすめ1位/

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

即日借入の基礎知識コラム

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの即日融資でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも即日融資のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。

昨今の即日融資業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

お金を借りることができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので即日融資にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

一般的に即日融資のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円と限度額も高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

即日融資には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

借入しやすいのが特徴ともいえる即日融資ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となった即日融資業者の大多数は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。


貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス